■■■ Special order:Corporate Typeって?  ■■■

CorporateType(企業制定書体)

ライノタイプ社が提案する、CorporateType(企業制定書体)の必要性とは?

 1930年代にアメリカで始まったCI運動は、企業のトップが自らの企業のあるべき姿と方向性を社内外に示し、社員教育から製品開発、社会活動を含めた理念をグラフックデザインを一つの手段として明確に掲げることでした。しかし、日本におけるCI運動とは企業名のカタカナ化、アルファベット化、それに付随してロゴマークやロゴタイプの単なる変更でした。多くのアルファベットの企業ロゴ、海外用印刷物は、残念ながらアルファベットを母国語にする西洋の人々にはあまり評価されません。製品や社会活動は一流なのに、どこか洗練されていない印刷物が企業を実力以下に評価させています。

 ロゴマーク、ロゴタイプの充実と共に適応した制定書体を持つこと、そして使用することは、企業の統一した『ブランド・デザイン』の要となり海外進出の大いなる武器となるでしょう。これから世界進出を計画され、またCIの一新やCorporateType(企業制定書体)を検討されている企業の皆様に、ライノタイプ社は次のようなご提案とお手伝いが出来ます。

 1. 新規ロゴタイプの制作と社名以外のオリジナルアルファベット書体を制作。

 2. すでに制定されているロゴタイプにマッチした、制定書体の提供。

 Aのケース. 企業専用の制定書体の新規制作。

 Bのケース. ライノタイプの書体をアレンジし企業独自の制定書体制作。

 Cのケース. 5200 書体をこえるライノタイプからの選択。

 すべての制定書体にお客さま専用フォントとして特殊な字種やロゴを組み込むことも出来ます。以上のいずれかの契約された制定書体は世界中の様々なアプリケーションで作成、出力され印刷されます。どの国のどのドキュメント上でもブランドのイメージを保っていることが求められ、総合的な企業のブランド・デザインの一部である制定書体を使えることが必要です。

 ライノタイプ社がお手伝いするのはフォントの選択や開発、供給だけではありません。制定書体を使用する国に合わせたデザイン・ガイドラインもフォントといっしょにお届けします。本社とはまた違った事情を持っている支社があれば、それに合わせて OS の環境などを配慮したうえでのフォントの制作ができます。CorporateType はすべての需要に対応できる解決策を提案いたします。各国の支社や代理店、印刷所にも制定書体をお届けいたします。

 今やインターネットもまた企業の広報活動で欠かすことの出来ない存在です。企業固有の組版をオンラインでどうやって高品質に表示するか?企業のコーポレート・デザインを最高の品質で、読み込みの時間をかけずに、できるだけ多くのインターネットのユーザーに見てもらうにはどうするか?ライノタイプ社のエキスパートたちにおまかせください。インターネット上でのコーポレート・デザインをより忠実に表現するお手伝いをいたします。